So-net無料ブログ作成
検索選択
カップヌードル ブログトップ

1980年代カップヌードルのCM美少女 [カップヌードル]

1984年頃の、カップヌードルのCMに出てくる
少女がとてもキュートで印象に残っています。

大澤誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」を
BGMに、外国人 美少女が目をつぶりチューを
しようと唇を突き出す仕草が可愛くて、思
わず抱きしめたくなるようなCMで、気になっ
ていましたが、最近ネットで見つけました。

そしてキャッチフレーズが

「君の次に、あったかい、カップヌードル」

こちらになります。


カップヌードル1.jpg

そしてもう一本多分同じ時期のものだと思い
ますが、同じように少女が唇を突き出す仕草
がかわいい外国人 美少女のCMになります。

カップヌードル2.jpg

画像も添付しています。

外国人のお嬢さんが誰なのかの情報を調べ
ましたが、確認することはできませんで
した。

今から30年前のCMになりますので、現在
アラフォー世代でしょうか?


上記のCMに誘われて、横浜のカップ
ヌードルミュージアム(正式名称:
安藤百福発明記念館)に6月28日
行って来ました。

IMG_1582.jpg

開館は10:00からで、10分前に着き
ましたがエントランスホールはかなり
混雑していました。

フロアマップ下記になります。

入場料大人500円、高校生以下無料、
県民共済カードがあると100円割引

1F
 ①エントランスホール(玄関広場)
 ②ミュージアムショップ(売店)

2F
 ③安藤百福ヒストリー
 ④クリエイティブシンキングボックス
 ⑤百福の研究小屋
 ⑥百福シアター
 ⑦インスタントラーメンヒストリーキューブ
  
3F
 ⑧チキンラーメンヒストリー
 ⑨マイカップヌードルファクトリー

4F
 ⑩NOODLES BAZAAR ワールド麺ロード(食堂)
 ⑪カップヌードルパーク(アスレチック)
  30分入替制 利用時間30分
  利用対象3才以上小学生以下(身長90cm以上)
  一人300円

5F
 ⑫イベントフォール
 ⑬安藤スポーツ・食文化振興財団

⑧のチキンラーメンファクトリは、
小麦粉のこね、のばし、蒸し、麺に
味付け、瞬間湯熱乾燥法で麺の乾燥
までの工程を通じて、チキンラーメ
ンの手作りを体験できます。

ただし事前予約が必要になります。

今回は予約していなかったため体験
出来ませんでした。

仕方なく⑨のマイカップヌードルフ
ァクトリーでカップヌードル作りのみ
を体験することに。

利用料金は1食300円で、手順は、

1)自動販売機で専用カップ購入
2)手をアルコール消毒
3)カップのペイント(デザイン)

4)麺にカップにセット。
IMG_1555.jpg
カップに麺を入れると、ななめになり
うまく入らないため、麺にカップを
かぶせる方法を安藤百福が開発
したようです。(逆転の発想と呼ば
れているようです)

5)スープ具材を選択
IMG_1560.jpg
カップヌードル開発当時のフリーズドライ
製法技術が低かったため、フリーズドライ
の会社を設立。無いものは自分で作る
という発想。

6)カップにふたをする
7)容器全体を、透明なフィルムで包む
シュリンク包装。
薄いポリプロピレンのシートをかぶせて
熱を加えて収縮させる包装です。
初めて採用したのがカップヌードルの
ようです。

8)エアパッケージ空気入れ
9)マイカップヌードル完成

カップヌードルの製造過程が、理解
出来て勉強になりましたね。

また、③安藤百福ヒストリー、や⑥の
安藤百福シアターを通じて、カップ
ヌードルの開発過程での、大変さや
、クリエイティブな発想を得るための
視点(どこをみるか、どこからみるか)
の大切さ。

安藤百福がカップヌードルを発明する
源となった6つのキーワードです。

1、まだないものを見つける。
   世の中にはまだ無いが、あったらいいな
   と思うものを探す。

2、何でもひんとにする。
   アイデアのヒントは身の回りに転がっている。

3、アイデアを育てる。
  発明は独り占めにせずみんなに使ってもらう。

4、タテ、ヨコ、ナナメからみる。
  いろいろな視点を発見する。

5、常識にとらわれない。
  生活の中で、当たり前と思っていることを疑う。

6、あきらめない。
  一度や二度の失敗にもくじけない。

安藤百福は、麺を油で揚げることにより、麺の水分を
飛ばし、長期保存する方法を開発しました。

また、海外でインスタントラーメンを普及させるために
アメリカに行った時、アメリカ人はその場で、インス
タントラーメンをくだいてカップに入れ、お湯をそそいで
、フォークを使い食べる。

その食べ方を見て、カップラーメンを発明したようです。

視点を変えるとさまざまな発明が生まれるもの
なのですね。

なかなか楽しかったです。





カップヌードル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。