So-net無料ブログ作成
検索選択

今井雅之 余命3日を救った病院はどこ? [芸能]

今井雅之さんが大腸手術を受けた病院が気になる?


今井雅之さんが大腸がんのステージⅣ(転移
している)で余命3日と宣告されながら、
横浜の大腸専門病院で手術を受けで延命を
成功させた病院がどこかまた病院の設備に
ついて調べてみました。

手術を成功させた病院は松島病院。
住所は神奈川県横浜市西区戸部本町19-11
病床120で外科、肛門科があり、痔に代表
される肛門疾患の専門病院で全国でも
トップレベルの治療実績を持ちます。

同じ西区伊勢町に松島クリニックという
内視鏡検査や内視鏡ポリープ手術を行い、
横浜のランドマークタワーには松島ランド
マーククリニックという女性専門の肛門科
のクリニックがあり、3つの関連病院が
連携しながら治療をおこなっています。

流れとしては、松島クリニックで内視鏡
検査、ポリープ切除など入院を伴わない
治療や手術をおこないます。

進行の進んだ大腸がんや痔の手術などで
入院を伴う手術は松島病院で行っています。


医療スタッフも指導医14名、専門医が20名、
認定医が4名とエキスパートがそろって
います。

今井雅之さんは、東京の国立病院(東京
医療センター)という総合病院で大腸の
風邪と診断、それも3回誤診され、西宮の
病院で余命3日と診断されます。

そこで横浜の松島病院を紹介され、
松島病院で手術されています。

手術した時は、腸閉塞を起こした状態
だったそうです。

食べたものが下がらない状態で口に
入るものは水分のみで、食べたいけど
たべられない。非常につらかったと
思います。

もっと早いがんが転移する前の状態の時に、
がんを切除出来ていたら助かった可能性
が高かったでしょうね。

がんが転移する状態では、外科手術にも
限界があります。

ガンを消滅させる画期的 な治療薬の開発


ただ、米シカゴ大学医学部の中村祐輔教授
が、細胞分裂する際に重要な役割を果たして
いる「TOPK(タンパク質)」を抑制しガン
細胞の分裂を抑え、ガンを消滅させる画期的
な治療薬の開発に2014年11月に成功、臨床
試験を2015年中に行い2016年に実用化が
期待されています。

今井雅之さんのがんの発症があと2年遅
かったらこの新薬で助かったかもしれない
と思うと残念ですね。

今井雅之さんのご冥福を祈ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

マッサージシート 人気商品はなに?

最近、マッサージに関する変わった商品が人気を呼んでいる ようです。


マッサージチェアでもなく、足先などの部分的な
マッサージ機でも無いようです。

人気を集めているマッサージ用品とは
【マッサージシート】という商品のようです。

このマッサージシートとは、家にある椅子
設置するだけで使用出来るすぐれもの。

重量もさほど重くないようなので、肩や腰が凝った
ときなど、好きなときに椅子に設置して使用出来る
とてもお手軽な商品で人気を呼んでいるようようです。



設置する場所も取らず、マッサージシートの価格も
3万円程度からと、値段も手頃です。

そのためマッサージシートをプレゼント用に購入
する方も多いようです。

マッサージチェアだと10万円はくだらないので
それに比べればマッサージシートは、とても
リーズナブルです。

奮発すれば手の届く範囲ですね。

6月10日は父の日なので、マッサージシート
をプレゼントする方もいらっしゃるのではない
でしょうか?


マッサージシートについて機能面を見ると、平面
だけでなく、立体的な縦回転で、前に出てくる
「もみ玉」により指圧のような、もみ感を実現した
商品や、エアバック膨らんで、腰やモモのストレッチ
が出来るタイプなどが各社から発売されている
ようです。


ちなみに人気商品を調べてみました。

1位Dr.Air 3Dマッサージシート RT-2135 [サンドベージュ]


2位マッサージシート ライフフィットFM002


3位TOR(トール)マッサージシート タタキもみ AX-HXT218 アテックス


売上1位ドクターエアは名前からして効きそうですね。
健康増進やリラックスタイムの一助に、
マッサージシートを検討してみるのも、おもしろい
のではないでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今井雅之が末期がん、誤診した病院はどこ?


今井雅之が末期がん、誤診した病院と手術した病院はどこか?

俳優の今井雅之さんが、ご自身の末期がんについて
記者会見の様子が、テレビで流れていました。

今井雅之さんの記者会見で、当初診断をされた総合病院が
どこかとても気になりました。

今井雅之さんが以前から体調が芳しくないということで、
都内の総合病院に行ったところ、腸の軽い風邪だ!
と診断されたとのことです。

しかし、その総合病院は一度だけならまだしも、
3回行って3回とも腸の風邪だと診断されていた
そうですね。

今井雅之さん記者会見の内容を聞いて、愕然としました。

その後、今井雅之さんは西宮の病院で余命3日の末期の
大腸がんと診断されています。

手術は、横浜の大腸の専門病院である松島病院で
大腸がんの摘出手術を受けています。

最初に都内の総合病院の診断はただの風邪。

ちょっとひどくないですか?それも3回続けての誤診です。

総合病院であれば、当然専門の内科がありますよね。

町医者だって、設備がなく判断出来なければ、総合病院
に紹介状を書きます。

その総合病院で腸の風邪と診断されたのであれば
その病院は医療技術に問題があるということでは
ないですか?

怖くてそんな病院にかかれないですよね。

その誤診した病院は、どこか調べてみました。

その病院は、東京の国立病院ですね?今井さんの
会見でそうおっしゃっていたようです。

東京の国立病院(国立病院機構 東京医療センター)
といえば、かなり大きい総合病院ですね。

仮に今井雅之さんの、説明についてどうだったか?
とうい意見もありますが、3回も誤診というのは
ただの誤診ではなく医療ミスの可能性が限りなく高いの
ではないでしょうか?

やはり、このような誤診はどこでも聞きますし身の回り
にも起きています。

それ以上の医療ミスも最近大きな病院など、どこでも起きています。

がんなどの病気から自分や家族を守るために

①病院等で定期的に人間ドック等の精密検査を受ける。
 血液検査でがんにかかっているかいないかを調べるオプションがあります。
(大腸がんだと内視鏡検査だとポリープが、がん化する前に発見できる)

②別な専門病院でセカンドオピニオンを受ける。


常日ごろから自覚症状が出る前に、検査と病気にかかった時の
為の情報を集めていざという時そなえておいた方が良いのでしょうね?

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。