So-net無料ブログ作成
検索選択

今井雅之が末期がん、誤診した病院はどこ?


今井雅之が末期がん、誤診した病院と手術した病院はどこか?

俳優の今井雅之さんが、ご自身の末期がんについて
記者会見の様子が、テレビで流れていました。

今井雅之さんの記者会見で、当初診断をされた総合病院が
どこかとても気になりました。

今井雅之さんが以前から体調が芳しくないということで、
都内の総合病院に行ったところ、腸の軽い風邪だ!
と診断されたとのことです。

しかし、その総合病院は一度だけならまだしも、
3回行って3回とも腸の風邪だと診断されていた
そうですね。

今井雅之さん記者会見の内容を聞いて、愕然としました。

その後、今井雅之さんは西宮の病院で余命3日の末期の
大腸がんと診断されています。

手術は、横浜の大腸の専門病院である松島病院で
大腸がんの摘出手術を受けています。

最初に都内の総合病院の診断はただの風邪。

ちょっとひどくないですか?それも3回続けての誤診です。

総合病院であれば、当然専門の内科がありますよね。

町医者だって、設備がなく判断出来なければ、総合病院
に紹介状を書きます。

その総合病院で腸の風邪と診断されたのであれば
その病院は医療技術に問題があるということでは
ないですか?

怖くてそんな病院にかかれないですよね。

その誤診した病院は、どこか調べてみました。

その病院は、東京の国立病院ですね?今井さんの
会見でそうおっしゃっていたようです。

東京の国立病院(国立病院機構 東京医療センター)
といえば、かなり大きい総合病院ですね。

仮に今井雅之さんの、説明についてどうだったか?
とうい意見もありますが、3回も誤診というのは
ただの誤診ではなく医療ミスの可能性が限りなく高いの
ではないでしょうか?

やはり、このような誤診はどこでも聞きますし身の回り
にも起きています。

それ以上の医療ミスも最近大きな病院など、どこでも起きています。

がんなどの病気から自分や家族を守るために

①病院等で定期的に人間ドック等の精密検査を受ける。
 血液検査でがんにかかっているかいないかを調べるオプションがあります。
(大腸がんだと内視鏡検査だとポリープが、がん化する前に発見できる)

②別な専門病院でセカンドオピニオンを受ける。


常日ごろから自覚症状が出る前に、検査と病気にかかった時の
為の情報を集めていざという時そなえておいた方が良いのでしょうね?



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。