So-net無料ブログ作成

善光寺御開帳 期間は?

善光寺御開帳 期間

長野県、善光寺で、秘仏の本尊の身代わりとされる
仏像「前立本尊」(まえだちほんぞん)の御開帳が
始まりました。

善光寺.jpg

御開帳の期間は、4月5日から5月31日までの57日間
です。

、7年に一度の御開帳と善光寺市最大の行事に
なり、盛大に執り行われます。

善光寺を共同で管理している天台宗と浄土宗の住職が
「開癖大法要」をおこなって、「前立本尊」が、収め
られている「厨子」(箱)の扉を開けて、「前立本尊」
が御開帳されると、歓声とともに、感激のあまり
涙をこぼす方もおられましたね。

善光寺御開帳初日の4月5日は、小雨の降る中、大勢の
参拝者が訪れ、本堂の前に建てられた高さ10mの回向柱
に、ご利益を頂こうとする善男善女が集い、長い行列が
出来ていました。

善光寺-1.jpg

この10mの回向柱は、「前立本尊」さまとひもで結ばれて
おり、柱にさわると、「前立本尊」さまと直接触ったほどの
ご利益があるそうですよ。

北陸新感線も開通したこともあって、善光寺御開帳の期間
だけで、700万人余りの参拝客が見込まれているようです。

善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」
は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩
、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特のお姿をされています。

参拝することによって、ご利益を頂き、仏縁を結び、
亡くなってから、極楽浄土に連れて行ってもらうことを願って
参拝されていののでしょうね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。